合同会社の設立の登記の申請方法

概要

合同会社とは

合同会社(LLC: Limited Liability Company)は、日本の商法における企業形態の一つです。合同会社は、2006年の会社法施行によって新たに導入された形態です。

合同会社の特徴は以下の通りで

  1. 限定された責任: 合同会社の社員(メンバー)は、出資額に限定された責任を持ちます。これは、株式会社の株主と同様の責任範囲です。
  2. 柔軟な経営構造: 合同会社は、経営構造が柔軟であり、会社設立時の契約(合同会社契約)によって、経営のルールや役割分担などを自由に定めることができます。
  3. 簡易な設立手続き: 合同会社の設立は、株式会社と比べて手続きが簡易です。公証役場での認証を必要としないため、設立費用も比較的低く抑えられます。
  4. 税制上の取り扱い: 税制上は、合同会社は透明性があるとみなされ、所得税は社員個人の所得として課税されます。これにより、二重課税の問題を避けることができます。
  5. 社員の資格: 合同会社の社員としては、自然人だけでなく、法人もなることができます。
  6. 持続性の問題: 合同会社は、社員の死亡や脱退によって解散する可能性が高いです。しかし、合同会社契約で適切な規定を設けることで、このようなリスクを軽減することができます。

注意

合同会社は、社員の死亡や脱退によって解散する可能性が高いです。

しかし、契約でこのようなリスクを軽減することができます。

必要書類

  • 登記申請書
  • 定款
  • 払込証明書
  • 就任承諾書
  • 印鑑証明書
  • 印鑑届書
  • 委任状

登録免許税

金6万円

※資本金の額が8,571,429円以上の場合は、資本金の額に1000分の7を乗じた金額が登録免許税となります。

最後に

合同会社の設立は、株式会社に比べて半分以下の費用で設立の登記を申請をすることができます。
日本では、Apple Japan合同会社、Google合同会社、アマゾンジャパン合同会社など大手IT企業が合同会社として経営をしています。日本の株式会社のような制約のない企業形態が好まれているからではないでしょうか。

ご不明な点等ございましたら、全国対応の当事務所にご連絡下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました